人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事

がんは薬で治す時代へ

聴診器

一般的ながん治療は手術や抗がん剤、放射線療法であり、これらの総称を「三大がん治療」といいます。しかし、近年では全く新しい観点からの治療法として「免疫療法」が話題となっており、第四のがん治療とも呼ばれています。この免疫療法は即効性は期待できないものの、長期的な治療を行える上に、一部のワクチンにおいては従来型の治療法よりも副作用が少ないとの報告もあります。また、病状が初期であるほど高い効果が得られる可能性があるので、早期発見の患者さんに選ばれる治療法の1つです。更に抗がん剤などでは全く効果の無かったがんに対しても有効的であるケースも発表されており、がん治療における新たな希望として、日々研究及び開発が進んでいます。

免疫療法とは簡単にいうと、自分の身体に入ってきた異物を排除しようという働き(=免疫力)をパワーアップさせることにより、がんをやっつけようというものです。これには2種類の方法があり、免疫力を強めていくアクセルタイプと、免疫力のストッパーを外すブレーキタイプとに分類されます。特にブレーキタイプの1つである免疫チェックポイント阻害剤は、マスメディア等でも紹介された画期的な免疫療法です。具体的なメカニズムとしては、免疫細胞のブレーキを押そうとするがん細胞の腕を外すというものです。これにより、免疫細胞は攻撃を弱めることなくがん細胞と闘うことが出来るのです。この方法により、余命半年と宣告された患者さんが回復したという症例もありますので、今後の更なる進化が期待されます。

Copyright © 2016 人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事 All Rights Reserved.