人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事

寝ている時に呼吸が止まる

診察室

病気を正しく理解する

人間は睡眠をする事によって、脳や身体を休息させて疲れを取りますが、寝ている最中に呼吸停止が繰り返される事によって脳や身体に負担がかかってしまいます。睡眠時無呼吸症候群になる事によって、脳も身体も休息する事が出来ずに覚醒した状態になるため、昼間に眠気を感じたり倦怠感を感じるようになります。睡眠時無呼吸症候群である確認は、本人で行う事が難しい為、家族に聞いてみたり寝ている間のいびきを録音しておいて確認する事が必要です。寝ている間に大きないびきをかいたり、いびきが止まって大きな声で再びいびきをかき始めるなどの症状があるのであれば睡眠時無呼吸症候群の可能性が高くなります。何度も目が覚めたり、寝汗をよくかくなどの症状もその一つと考えられます。

自分に合った治療をする

睡眠時無呼吸症候群を治療するには、自分がどれくらいの症状なのかを理解する事が大切です。症状を緩和させる為の治療方法と、根本的に改善させる治療とがありますが、個人の重症度に応じて治療方法が異なります。睡眠時無呼吸症候群を改善する為には、普段の生活習慣を改善する事も大切です。肥満によって首やのどの脂肪が気道を狭くしている人は、減量して圧迫している脂肪を取り除いたり、鼻づまりなどの症状がある人は鼻の治療をする事も必要です。CPAP装置を使って、鼻に装着したマスクから自動的に気道へ空気を送り込む治療方法や、マウスピースによって気道の流れを確保させる治療方法などは、医師の指導に沿って正しく治療をする事が大切です。

Copyright © 2016 人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事 All Rights Reserved.