人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事

脱腸の対応策

手

鼠径ヘルニアは専用のバンドやサポーターを装着すれば、症状を抑えることができます。ただ、それでは治癒することはなく、また四六時中装着しなければならないという問題もありますから、手術を受けて治すことが賢明です。手術は約100年の歴史があり、しかも進歩もしていますので、安心です。

More Detail

老廃物の排出に関する病

聴診器

腎臓は尿量の調整や老廃物の排出など、体内物質のバランスを取る役割を果たしている臓器で、近年ではその機能に異常が起こる腎臓病が流行しています。腎臓病の患者数の増加には、食生活と運動不足が大きな原因と言われています。日本食は元々肥満が起こりづらい食事でしたが、欧米的な食生活が普及した今では日本においても肥満が問題となっています。肥満になると腎臓へ流れ込む血液量が増加することが分かっており、結果的に腎臓に高負荷がかかります。運動不足になりがちな現代では積極的に水分補給をする機会が減っていますが、慢性的な水分不足は腎臓病の発症に繋がります。腎臓病を引き起こしやすい要素が日常に増えることで、東京でも患者数が増加していると言えます。

腎臓病の特徴的な症状として、尿量の減少やむくみが挙げられます。これらは腎臓機能が低下し、水分や老廃物の排出がうまく行われていないことによる症状です。症状が進行してくると、感覚の障害や視覚・心臓・脳など全身に症状が出ることがあります。腎機能がほとんど失われるほど進行していない場合、治療では薬物療法や食事療法が採用されます。これらの治療法と共に、運動不足の解消など生活習慣の改善も必要です。腎臓病が進行し、腎機能が失われてくると透析治療によって血液の浄化が行われます。人工透析治療は継続的に行う必要があり、合併症が出ることもあるため、慎重な管理と検査を行いながら治療を進めます。東京の病院は最先端技術が整っているので安心して人工透析治療を受けることが出来ますので、もし症状が進んでしまったとしても諦めずにしっかりと通院して状況の改善を目指しましょう。

がんは薬で治す時代へ

聴診器

自分の身体の免疫力をパワーアップさせることにより、がん細胞と闘う免疫療法が注目されています。特に免疫チェックポイント阻害剤は、免疫力のブレーキを押させないようにするという画期的な方法であり、更なる進歩が期待されています。

More Detail

寝ている時に呼吸が止まる

診察室

睡眠時無呼吸症候群になると、日中に疲れを感じやすくなったり眠気を感じたりするので、車の運転などがとても危険になります。少しでもその可能性があるのであれば、しっかりと自分の症状を理解して正しく治療する事が大切です。

More Detail

Copyright © 2016 人工透析をして血中の老廃物を除去┃継続することが大事 All Rights Reserved.